Personal tools

Six Apart / Mena Trott の大失態

written by duke on

今年は Six Apart にとって災難の年だったようだ。相次ぐ TypePad の障害。WordPress の追い上げ。そして今度は、Six Apart 自身が主催したパリでの Les Blogs 2.0 での大失態である。

Les Blogs については、ITmedia の 欧州の視点 blog などで伝えられているが、なかなか充実したカンファレンスだったようで、本来なら Six Apart の名を高めていたはずだった。それなのに、Six Apart の顔と言ってもいい Mena Trott が、彼女のスピーチの最中に、この上ないほど派手に自爆してしまった。

彼女はスピーチの中で、Blog を書くには Civility (礼節) が必要、と訴えていた。ところがそれを聞いていた Blogger 達は、その最中にも IRC で彼女のスピーチを批評していた。彼女もスピーチを続けながらそれを読んでいた。面白い試みだったと思う。もし何事も無く終っていれば。

しかし、自分を高揚させてスピーチに臨むことと、自分への批評に対する感情を抑制することは、なかなか両立しがたい話である。結局彼女はスピーチの最中にブチ切れ、自分を IRC で批判していた Blogger を名指しで asshole などと罵り、いやまあ世界中のゴシップ好きの Blogger 達を大喜びさせるに十分な自爆ぶりを示してしまったのだ。それも、礼節を訴えるはずのスピーチの最中に。

以前から Six Apart 嫌いの姿勢を示していた Blog Herald などは狂喜して Mena Trott implodes on stage at Les Blogs: calls participant an Asshole after lecturing audience about the importance of civility とポストしている。最近すっかりITゴシップ紙 No.1 の座を不動にした感のあるイギリス Register 紙もこれを見逃すわけがなく、Six Apart chief’s ‘nice’ speech ends in name-calling と情け容赦無い叩きっぷり。そして罵られた当人 Ben Metcalfe (!) は、抑えた口調の報告をポストしているが、そこに Mena の肩を持つ Dave Winer が乱入してきたり、怪しい雲行きだ。ちなみに彼の報告を読む限り、Shel Israel も Mena を焚きつけていたように取れる。
一方、Mena 本人の弁明と本来あるべきはずだったスピーチの原稿は SixApart の Blog で読める。

まあ災難だったと言う他ない。結果論ではあるが、Movable Type の開発を日本法人に移管したのも正解だったかもしれない。まあ今年ももうすぐ終りなので、年が明けたら新しい気持ちで頑張って欲しいものである。

追記:

いま見たら、この泥沼にさらに Nicholas Carr が参戦していた。The reason the battles are so bitter in academia is because the stakes are so low というこの上なく辛辣な言葉を当事者二人に投げかけている。The Amorality of Web 2.0 の時も思ったのだが、この人の毒舌はほとんど芸術の域に達している。見習いたいものだ。

2005/12/10 追記:

予想されたことではあるが、とうとうこの話題が tech.memeorandum でトップに来てしまった。
Mena Trott は新しい記事をポストし、Civility を Responsibility/Accountability に言い替えている。良い戦術だろう。Civility という語は、Ben Metcalfe が「Patronizing と感じた」と言っているように、「文明人である Six Apart CEO 様が無知蒙昧な Blogosphere の野蛮人を啓蒙する」的なイメージを与える。
しかし一旦 Civility という言葉に反発を覚えた Blogger 達を今からなだめるのは難しいかもしれない。Silicon Valley Watcher は ronic Design offers better proof than Intelligent Design という捻ったタイトルの記事を載せている。MovableType によって Blogosphere を創造した (と称する) Mena Trott が、被造物たるBlogger達を「お前達もっと礼節を知りなさい」と諭したところ、皮肉にもそっぽを向かれてしまった、という意味合いである。
一方 Robert Scoble によれば、Shel Israel はブリュッセルでの Geek Dinner の席でも Mena Trott を弁護していたとのこと。Scoble 自身はこの件について深入りを避けているようだ。

2005/12/11 追記:

Mena Trott は CEO でなく President だ、との指摘を頂いたので訂正。


3 Responses to “Six Apart / Mena Trott の大失態”

  1. trackback from mohno

    失言

    先のエントリのついでに見つけた「Six Apart / Mena Trott の大失態」というエントリへのコメント。
    Six Apart の顔、Mena Trott が「礼節を説くスピーチ中に、悪口を使ってしまった」という失態

  2. pingback from Rauru Blog » Blog Archive » Six Apart / Mena Trott の大失態

    [...] Mena Trott は CEO でなく President だ、との指摘を頂いたので訂正。 [...]

  3. pingback from Rauru Blog » Blog Archive » Everyday Hogwash : 消費者クレームコンテスト

    [...] この件について Andy Beal は Marketing Pilgrim に これじゃ Forbes の Attack of the Blogs を笑えなくなる って書いてる 例の Forbes の記事に対して、最初はみんな感情的に猛反発してたけど、その後業界リーダーの間では blogger=リンチモブという見方が定着するとまずい って戦略的思考が主流になったみたい Mena Trott の Civility 発言 も、その線で出てきたものじゃないかな UTW tags : blogging, corporation, lynchmob [...]

Leave Your Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • Languages

  • Recent Posts

  • Archives

  • Categories

  • Themes

  • Subscriptions

  • Meta

  • Social Services

    Flickr  Picasa  movapic  Photobucket  Zooomr  YouTube  Ustream  Vimeo  scribd  SlideShare  Hatena Bookmarks  Diigo  Commons Marker  Google Reader  StumbleUpon  Digg  Reddit  Hatena Diary  Rauru Blog  WordPress  Blogger  LiveJorunal  Livedoor Blog  posterous  Tumblr  Clipp  Twitter  Plurk  LogPi  identi.ca  Disqus  IntenseDebate  TypePad  Last.fm  GoodReads  LibraryThing  Booklog  amazon wish list  Polyvore  pupe  Upcoming  Wakoopa  yelp  Dopplr  Foursquare  ロケタッチ  GetGlue  Hatena Mono  Kiva  ohloh  MySpace  Windows Live Space  LinkedIn  Facebook  Google+  Plaxo  Netvibes  FriendFeed  backtype  klout  MyBlogLog  socialtunes  kotonoha  2manji  Himitsuku  iddy  mixi  the interviews